インプラントのメンテナンスと
細菌感染(インプラント周囲炎)

インプラント治療後はメンテナンスが必須となります。メンテナンスとは、患者さん自身による適切なセルフケアと定期検診です。
 
十分なメンテナンスが行われれば、インプラントが健康な状態で長期的に維持される事は多くの臨床研究により証明されています。逆に、メンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)など様々な問題が起こり、インプラント治療の成功率が下がる事が臨床研究により報告されています。
 
インプラント治療は高額のため、患者さんからは、「一生もちますか」という質問が多いようですが、天然歯と同様に、適切なメンテナンスを行わなければインプラントは長持ちしません。 また、メンテナンスにより、口の中を清潔な状態に保つことは、インプラントはもちろん、残っている歯の寿命を伸ばすことにつながります。

インプラント治療後は適切なメンテナンスが必要です

口の中を清潔に保つための基本は、毎日のセルフケアです。インプラントおよび残存歯を清潔に保つ事により、インプラント周囲炎の発症が予防できます。もちろん、定期検診時には歯科医院でクリーニングしてもらいますが、毎日検診に行く事はできませんので、患者さん自身で適切なセルフケアを行う事が重要です。
 
ヨーロッパの研究では、大多数の人は、歯ブラシによる清掃だけではプラーク(歯垢)全体の50%しか除去できなかった、と報告されています。そのため、歯ブラシが届きにくい歯間部のプラークを除去するため、デンタルフロスや歯間ブラシの併用が必須です。

セルフケアのための歯ブラシ選び

歯ブラシは自分の口に合ったものを選びましょう。歯列不正で歯が重なってしまっている部位や、奥歯・親知らずなど磨きにくい部位には、先が細くなっている特別な形状のブラシ(タフトブラシ)を併用すると、汚れが取れやすくなります。
 
歯ブラシは毛先が広がってきたら交換が必要です。一般的には、1ヵ月を目安に交換すると良いと言われています。毛先が広がってくると、せっかく磨いてもブラシの先がきちんと当たらず、プラークを取り残してしまいます。
インプラントにプラークが蓄積すると、インプラント周囲炎のリスクが高まりますので、歯ブラシは定期的に交換する事をおすすめします。

歯科医院での定期検診を必ず受けましょう

治療後にインプラントに不具合やトラブルがなくても、歯科医院で定期検診を受ける必要があります。検診の頻度は、口の中の清掃状態・全身の健康状態・歯周病のリスクなどを考慮して決定します。
定期検診が必要な理由
  • セルフケアの質が高まる
    歯科医院では、患者さんの口の中の状態に合った磨き方や清掃器具についてのアドバイスをもらいます。
    また、以前はきれいに磨けていても、仕事などで忙しくて歯磨きが疎かになり、磨き残しが多くなってしまう事があります。
    自分では気づかない事もあるので、定期的に清掃状態をチェックしてもらい、磨き残しやすい部位を認識すると共に、いつも口の中を清潔に維持するよう意識する事が大切です。

 

月 9:00〜12:00  14:00〜18:00

火 9:00〜12:00  14:00〜18:00

水 9:00〜12:00

木 9:00〜12:00  14:00〜18:00

金 9:00〜12:00  14:00〜18:00

土 9:00〜12:00

​           日曜・祝日休診  

 

診療時間

​ご予約・お問い合わせ・ご質問など

お電話・メールでお気軽にメッセージをお送りください。

​休診情報等も配信しております。

初診のご予約随時受け付けております。
Tel : 0263-47-7664
E-mail : 

© 2020 by KASUGA DENTAL  CLINIC