​精密歯科治療

​マイクロスコープ

精密な歯科治療を受けてみませんか?

当院では全ての治療時に肉眼ではなく、必ず拡大視野にて精密に治療を行っております。治療プランや必要に応じて顕微鏡(マイクロスコープ)を使用することで、より精密な歯科治療をご提供します。

マイクロスコープの普及率は高くなってきていますが、導入している歯科医院でも歯の根っこの治療の時だけ使ったり、肉眼やルーペで治療した後の確認作業だけにマイクロスコープを使うケースが多いと思います。なぜかというとむし歯治療だったり、歯の形を整えたり、歯型を取ったりなど全ての治療にマイクロスコープで見ながら治療するには取り回しが複雑だったり、使いこなすにはテクニックやコツが必要だからです。

全ての歯科治療に拡大視野で治療を行うことで治療の精度を格段に良くすることができ、結果、歯の寿命を伸ばすことができたり、歯を削る面積を小さくしたり、痛みを抑えた処置が可能になったりと、多くのメリットを得ることができます。

またマイクロスコープには録画機能がありますので、治療中の様子は写真だけでなく動画での記録も可能です。
初めて体験する患者様は、治療後に動画をお見せしながらご説明しますと、ご自身の歯の内部の状態や施術している様子を見て驚いたり、安心したり、感動されたりします。

昔は鏡で口の中をお見せして説明していました。暗くて良く見えなかったと思います。
その後お口の中の写真を撮影してご説明できるようになってきました。かなり伝わりやすくなりました。
今は動画の時代です。術前、術後が見えるだけでなくその過程まで治療の実際が分かります。

今まで受けた歯科治療や今まで受けた説明以上の理解や納得を感じてもらえると思います。

顕微鏡(マイクロスコープ)

45105700_03-1.jpg

顕微鏡(マイクロスコープ)を使った治療の最大の特徴は、よく見えるということです。

 

皆さんはどんな歯医者が良い歯医者だと思いますか?どんな歯科医の治療を受けたいですか?

腕が良い、人柄が良い、いつも混んでいるので良さそうなど色々あると思います。

全て間違いはないと思います。しかしながら腕に関して言えば患者様にはなかなか分かりにくいのではないでしょうか?

私が思うに、上手い治療はしっかり見て確実に治療することだと思っています。

当たり前のことの様に聞こえると思いますが、前提として口の中は狭くて暗い、そして歯の内部はさらに狭くて暗い・・・

そのような中で治療をする時に、視力が裸眼で良い歯科医もいれば、眼鏡の歯科医、老眼の歯科医だっています。ちなみに私の視力は裸眼で1.5です。

歯科医によって見えてる度合いも違いますし経験値も違います。それをそれぞれが持っている経験と感覚で治療をするのですから確かに上手い下手は正直あるでしょう。

でもマイクロスコープを覗きながら治療をすれば視力は関係ありません。

肉眼の最大約21倍で見ながら治療しているので勘でも感覚でもなく、確実に見ながら治療をしていきます。肉眼で治療している先生も見えてると思って治療しているとは思いますが、普段からマイクロスコープを使っていると、たまに肉眼で治療した時には見えている景色が全く違うことを実感します。

​もちろんマイクロスコープにも限界はありますし、逆に見えた上でどうにもならないことが分かるケースもあったりします。他院で良かれと思って一生懸命に歯を残す治療をして、長期に渡って頑張って通院するも改善されず、よくよく見たら歯が割れていたなんてケースに遭遇したりもします。患者様に寄り添って一生懸命治療することは素晴らしいことですし、当たり前のことではありますが、それだけでは患者様のためにはならないことも多々あるのが現実です。

しっかり見て診査を行い、診断、対応できるのがマイクロスコープだと思っています。

肉眼で見た時と顕微鏡(マイクロスコープ)を使用した時のイメージ

micro06.jpg
上記画像は肉眼の視野と顕微鏡(マイクロスコープ)を使用した時の視野を擬似的に再現し、比較した画像です。いかがでしょうか?全然違ったものに見えますね。歯科において見える、見えないは治療精度に天と地の差をもたらします。どんな名医でも、そもそも見えないものは発見できませんし、治療すらできません。
こういった小さなことに徹底的にこだわり、精度の高い治療を皆さまに提供していきたいと考えております。

​精密治療は低侵襲治療 長持ち治療に繋がります

拡大視野鏡精密治療を実施することで、虫歯除去の際などは、健康な歯質をできるだけ削らずに残すことができたり、詰め物等の接着を精密に行うことができます。

歯を削る面積を少なくできるということは、将来に歯を残すことに繋がります(歯科保存治療)。

また、詰め物等の適合を良くできるということは、二次虫歯の発生を抑えたり、脱離を防ぐ、長持ち治療にも繋がります。

歯科用ルーペ

歯科用ルーペは、装着することで視野を数倍に拡大させることができる器具です。また治療部位をピンポイントで照らすライトも付いていますので非常に明るい視野の中で治療することができます。

歯科治療は暗い視野の中で大変小さな組織を相手に行う処置がほとんどですから、肉眼だけに頼った治療だけでは治療精度に限界がありますし、そもそも肉眼ではほぼ見えない組織もあるのです。

そこで当医院ではこの拡大鏡を常時使用することで、治療精度を向上させる拡大視野下での精密治療を提供しております。

マイクロスコープ治療のメリットまとめ

  • 診査の際に問題点を見逃しません
  • 切削する量を必要最小限にでき、歯を守ります
  • ​根の治療において、裸眼では見えない根管や汚れ、複雑な形態などの問題を発見できる確率が高まります
  • 外科処置時の創面が綺麗なため治癒が非常に早いです
  • よく見えるため、判断が早くなり治療スピードが上がります
  • ​全てにおいて高精度、長持ちに繋がります
  • ​マイクロスコープには録画機能がありますので、治療の様子を写真だけではなく動画で見ることができます。

歯と歯の間のむし歯治療

根管治療